尿量が多いのは多尿

尿量が多くなる事を多尿と呼びますが、多尿で頻尿の場合と一回の量が少ない場合があります。
一日の排尿の合計量は1L~2Lが正常な範囲と言えるでしょう。
これが3Lを超えてくると多尿といえます。
排尿する合計量が増えるわけですから、トイレの回数も増えます。
排尿の量が多いから回数が増えているのか、一回の量が少なくて回数が多いのかの区別が困難になります。
そのため、医院では蓄尿を行って診断が下されます。?
多尿の原因は、体内の水分を保持する機能が低下する「尿崩症」が最も多い原因です。
喉の渇きを感じ水分を多く摂る症状が出てきます。また、糖尿病も同様に多尿の原因のひとつです。
糖尿病では血液中の糖濃度が高くなるため、脳は水分を摂って濃度を低下させます。
そのため水分を多く摂るようになり、結果的に頻尿になってしまいます。
突然頻尿になってしまった、最近トイレが異常に近いなど自分の体に異変を感じた場合は思わぬ疾患が隠れているかもしれません。
放置せずに安心するためにも病院で診察を受ける事が大事です。

夜間の頻尿に効果のあるサプリメントならこちら